【動画】楽天がドローン自動配送のデモ公開

【動画】楽天がドローン自動配送のデモ公開

専用離着陸設備を活用、無人で安全に荷物引き渡し

楽天は3月1日、福島県南相馬市の先端技術実験用施設「福島ロボットテストフィールド」で、ドローン(小型無人機)を活用した自動配送のデモンストレーションを実施した。


デモンストレーションに用いられたドローン

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や同社などが、複数のドローンを同一空域で衝突せず安全に飛ばせるようにする運航管理システムの実証実験を行ったのに併せて、メディアに公開した。

楽天が独自に開発した新たな離着陸用設備「ドローンポート」に専用の機体が着陸、搭載していた荷物を切り離すと、自動的に設備内へ格納され、無人のまま安全に利用者へ引き渡されるとの流れを再現した。


ドローンポート上に着陸した楽天の機体





ドローンが荷物を届ける様子

ドローンポートは高さ2メートルでサイズが約7メートル四方。人間が簡単には登れない高さとするなど、安全性に配慮している。

荷物が置かれると左右から水平のバーがスライドし、ドローンポート上部の中央に固定。エレベーターが下がり、いったんドローンポートの内部に取り込んだ後、受け取る人が側面のパネルに認証用のコードを入力すれば扉が開き、荷物を取り出せるようになる。

楽天は2019年度に離島など人口が少ないエリアでドローンによる定期的な配送サービスを始めることを目指している。ドローンポートも実験を重ねて改良を進め、早期のサービス開始につなげたい考えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事