ソフトバンク、新東名道で5G使った車間距離自動制御の実証実験に世界初成功

ソフトバンク、新東名道で5G使った車間距離自動制御の実証実験に世界初成功

位置や時速などの情報を随時共有

ソフトバンクは6月11日、新東名道でトラック隊列走行の実証実験を行ったと発表した。総務省から受託した調査事業として実施した。

次世代通信規格「5G」を活用した新たな無線伝送技術に基づき、トラックの車間距離を自動制御することに世界で初めて成功したという。同社は「隊列走行の早期実用化に寄与するものであり、引き続き実験を推進する」と意欲を示している。


実験の模様(ソフトバンクウェブサイトより引用)

実験は新東名道の実験区間約14キロメートルで、3台のトラックが時速70キロメートルで走行。その際、車両間通信で各トラックの位置や速度といった情報を3台が共有し、リアルタイムでCACC(協調型車間距離維持制御)を展開することができた。

今回の実験は、国土交通省などが新東名道で行う隊列走行とは別の内容。


実験の概要(ソフトバンクウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事