超長尺ロボットアーム、水平方向に10キログラムの物体保持成功

超長尺ロボットアーム、水平方向に10キログラムの物体保持成功

NEDOと東工大、将来は重量物の運搬実現も

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東京工業大は3月13日、両者で共同開発した世界最長となる10メートルの多関節ロボットアームの手先で、10キログラムの物体を水平方向に保持するのに成功したと発表した。

両者は「橋梁・トンネルなどの大規模構造物のインフラ点検作業などへの応用が期待できる」と説明。2019年度に日本原子力研究開発機構の楢葉遠隔技術開発センター(福島)で、原子力発電所の廃炉調査に利用できるかどうかを検討する。


キャプション:超長尺の多関節ロボットアーム(NEDOプレスリリースより引用)

超長尺ロボットアームは直径20センチメートル、重量300キログラム。人が行けないような狭い場所に進入できるロボットとして18年9月に開発した。今回、複数の化学繊維ロープを関節の滑車に巻き掛け、荷重を分散して支える仕組みを導入した。

両者は「水平方向の保持だけでなく、重量物の持ち上げや運搬の実現に向けた技術開発を進めていく」と話している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経済産業省カテゴリの最新記事