【動画】ZMP、コンビニ商品の無人配送実験を公開

【動画】ZMP、コンビニ商品の無人配送実験を公開

慶応大やローソンと連携、自律走行ロボがお届け

自動運転技術の開発などを手掛けるZMPは3月13日、神奈川県の慶応義塾大湘南藤沢キャンパスで、自律走行が可能な宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロ・デリ)」を活用したコンビニ商品の無人配送に関する実証実験の様子をメディアに公開したと発表した。

同大やローソンの協力を得て、1月に実験を続けていた。同大の学生らが専用のスマートフォンアプリから弁当や飲み物、スイーツなどを注文。同キャンパスの仮設店舗から指定の配送先8カ所までロボットが無事届けた。注文した人はロボットのカメラにQRコードをかざせば、商品が入ったロッカーを開錠できる。

ZMPは同種の実証実験は世界で初めてと強調。明らかになった成果と課題を分析し、実用化につなげていきたい考え。


実証実験の模様


実証実験に用いた宅配ロボット(ZMPホームページより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事