ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

携帯通信網活用したドローンの「補助者なし」飛行に成功

携帯通信網活用したドローンの「補助者なし」飛行に成功

自律制御システム研究所が日本郵便などと連携して実験

ドローン(小型無人機)メーカーの自律制御システム研究所(ACSL)は3月12日、携帯電話通信網(LTE)を活用した飛行に対応可能な「セルラードローン」を開発し、途中の経路に補助者を配置しない「レベル3」の自律飛行の実証実験に成功したと発表した。

実証実験はNTTドコモ、日本郵便と連携して実施。日本郵便が福島県内の郵便局間約9キロメートルで行っているドローン配送に投入した。ドコモが開発したセルラードローンの送信電力最適化機能を使っている。

ACSLは日本全国をカバーしているLTE通信を使うことで、より長距離かつ広範囲な空域を飛べるようになるとともに、従来搭載していた通信機器が不要になり、より多くの荷物を搭載可能になるとみている。

(藤原秀行)※写真はイメージ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事