PALTAC、埼玉・杉戸町で稼働予定の新センターにピッキングロボット導入へ

PALTAC、埼玉・杉戸町で稼働予定の新センターにピッキングロボット導入へ

米企業開発、多様な形状の商品に対応可能

PALTACは3月19日、米ロボット開発のライトハンド・ロボティクス(RHR)が手掛けている最新のピースピッキング自動化システム「ライトピック」を、2019年末ごろに稼働予定の新たな物流センター「RDC埼玉」(埼玉県杉戸町)に導入すると発表した。

ライトピックは独自のグリッパ(手)を駆使して商品を高速でつかみ、置くことが可能。日本では同センターが初の導入になる。


ライトピックによるピースピッキングの様子(PALTAC提供)

PALTACのセンターは常時2万種類超の商品を在庫している上、毎年1万種類近くが入れ替わっているため、多様なサイズや形状の商品に対応可能なライトピックを活用し、ピッキング作業の効率化と精度向上を図る。

同センターではAI(人工知能)を利用したロボットを取り入れる方向で準備を進めている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事