センターポイント・ディベロップメント、千葉・松戸に新たな物流施設が完成

センターポイント・ディベロップメント、千葉・松戸に新たな物流施設が完成

延べ床面積1万6053平方メートル、三菱UFJリースや東急不動産と共同開発

センターポイント・ディベロップメント(CPD)と三菱UFJリース、東急不動産は3月29日、千葉県松戸市で開発してきた物流施設「CPD松戸Ⅱ」が今月15日に完成したと発表した。3社が共同開発し、CPDがアセットマネジメント業務を受託している。

新施設は地上4階建て、延べ床面積1万6053平方メートル。テナントとして、中国の消費者向けに日本の商品を販売する越境ECサイト「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラが入居、4月1日から物流拠点として稼働させる予定。

外環道の松戸ICから約4キロメートル、三郷南ICから約6キロメートル。CPDと三菱UFJリース、東急不動産は近隣の物流施設「松戸Ⅰ」に続く共同開発となった。


「CPD松戸Ⅱ」の外観(CPD提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

CPDカテゴリの最新記事