都築電気、「空飛ぶ車」開発プロジェクトに協賛

都築電気、「空飛ぶ車」開発プロジェクトに協賛

有志団体CARTIVATORの挑戦を支援

情報システム・電子デバイス開発の都築電機は4月17日、「空飛ぶ車」の実用化に取り組む有志が集まった団体CARTIVATORの開発プロジェクトに協賛すると発表した。

同団体は2020年に空飛ぶ車「SkyDrive(スカイドライブ)」の有人デモフライト実施を目指しており、技術面などでサポートする見込み。

空飛ぶ車は渋滞解消や物流の効率化、災害時の救助・援助物資輸送迅速化などが期待されている。政府や民間の電機・自動車メーカー、ドローンメーカーなどは23年の事業化を目標に掲げ、技術開発や各種ルール整備などに取り組んでいる。

12年に活動をスタートした同団体は若手技術者ら100人超が参加し、トヨタ自動車やNEC、パナソニックなど約80社から支援を受け、機体開発を進めている。


「SkyDrive」のデザインイメージ(都築電気提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事