ニチレイ・ロジ九州、那覇港に新物流センター開設

ニチレイ・ロジ九州、那覇港に新物流センター開設

冷蔵設備能力1万2485トン、高付加価値の低温物流拡充へ

ニチレイ・ロジスティクス九州はこのほど、那覇港管理組合が展開している那覇港総合物流センター内の1フロアに新たな拠点「那覇新港物流センター」を開設、5月1日に稼働させたと発表した。

新拠点は1万2485トンの冷蔵設備能力(F級1万165トン、C級470トン、FC兼用1850トン)を保有。18基の接車バースを備えている。

ニチレイロジグループは、人口が増加している国内で数少ない地域の上、国内外から観光客が多数訪れている沖縄で、低温物流ニーズの成長が今後も見込めると判断。新拠点をベースに高付加価値な物流サービスを拡大していく構え。


新拠点が入る那覇新港物流センター

新拠点の構内
(いずれもニチレイ・ロジスティクス九州のウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

ニチレイロジグループ本社カテゴリの最新記事