福岡地所、福岡市の臨海部で物流施設開発

福岡地所、福岡市の臨海部で物流施設開発

賃貸面積4万324平方メートル、20年5月末の完成目指す

九州を地盤とする福岡地所はこのほど、福岡市の臨海部でマルチテナント型物流施設「(仮称)アイランドシティ物流施設計画」を本格的にスタートさせた。

地上4階建て、賃貸面積は4万324平方メートルの予定。最大4区画に分割可能とする設計。

香椎パークポートから約3・6キロメートル、JR貨物の福岡ターミナルから約5・8キロメートルなど要所に位置している。2020年5月末の完成を目指す。


新物流施設の完成イメージ(福岡地所プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事