メルマガの配信元アドレスが変更となりました

伊藤忠商事が仏系物流ビッグデータ企業と資本・業務提携

伊藤忠商事が仏系物流ビッグデータ企業と資本・業務提携

グローバルサプライチェーンで新たなビジネスを開発へ

伊藤忠商事は6月25日、フランス系物流ビッグデータ企業のTRAXENS(本社・マルセイユ)と資本・業務提携を行うことで基本合意したと発表した。

伊藤忠グループの広範な事業領域・顧客基盤とTRAXENSが開発・保有する物流ビッグデータの収集・利活用技術を組み合わせ、グローバルサプライチェーンでビッグデータを活用したビジネス開発を共同推進していく。

TRAXENSは2012年に創業。独自開発のIoT(モノのインターネット)トラッキングデバイス、物流情報プラットフォームを中心にサプライチェーンのリアルタイムモニタリングソリューションを提供している。

海上コンテナ、鉄道コンテナ、トラックなどさまざまな輸送形態に対応しており、陸海一貫輸送で地理的・時間的な制約のないシームレスなトレースとデータ収集を行うことができる。また20年初までに大手海運事業者2社が保有する海上コンテナ10万台への採用を決めるなど今後もユーザー数の拡大が期待される。

伊藤忠は今回の資本・業務提携を通じて日本、アジアを中心にTRAXENSの各種ソリューションの拡販を加速。協業を通じて物流ビッグデータに基づく新たなビジネスモデルと付加価値の創出を図る。

(鳥羽俊一)

経営/業界動向カテゴリの最新記事