LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

プロロジスが物流施設の業務効率化支援サービス

プロロジスが物流施設の業務効率化支援サービス

安川情報システム、日本ユニシスと連携し提供

 プロロジスは9月10日、安川情報システム(北九州市)、日本ユニシス(東京)と連携し、物流施設の業務効率化を支援するサービスを始めると発表した。

 施設のトラックバースを事前に利用予約できるようにするなど、トラック絡みの業務を一貫して管理できるシステムをテナント企業に提供。物流業界で深刻化している物流施設でのトラック待機時間短縮などにつなげるのが狙い。

 プロロジスと安川情報システムは2018年、米ベンチャーのロシックスが持つ超省電力無線カメラなどを取り入れ、「スマートバースシステム」を共同開発。施設の各バースのトラック入出庫情報を随時確認できるのが特徴。

 今回、日本ユニシスの「SmartTransport」と組み合わせ、トラックの配車から出庫までを包括的にサポートできる体制を構築した。今後はプロロジス以外の物流施設にも新サービスを展開していくことを視野に入れている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

プロロジスカテゴリの最新記事