大和ハウス工業、物流施設入居企業間の空きスペース融通支援サービス開始

大和ハウス工業、物流施設入居企業間の空きスペース融通支援サービス開始

自社物件対象、短期間・小区画などのニーズに対応

大和ハウス工業は7月24日、同社のマルチテナント型物流施設に入居しているテナント企業を対象に、空きスペースの融通を支援する「DPL空きスペース・マッチングサービス」を始めたと発表した。

同社グループでクラウドシステム構築などを手掛けるモノプラス(静岡市)が開発したシステムを活用。現状大和ハウスから借りているスペースに関し、荷物の波動などの影響で使っておらず他の企業に提供可能な区画の情報をシステムに登録すれば、短期的に小区画のスペースを借りたいといったニーズを持つ別のテナント企業が閲覧できる。

システム運用は同社グループで物件の適正管理・運営を担う大和ハウスプロパティマネジメント(東京)が行う。スペースの具体的な賃借条件などはテナント企業同士で交渉してもらう。

大和ハウスは現在、全国27カ所に「DPL」ブランドのマルチ型物流施設を展開しており、延べ床面積は183万2920平方メートル、利用テナント企業は延べ約80社に上る。新サービスの提供で物流施設の付加価値をより高めたい考えだ。


サービスの概要(大和ハウス工業プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

大和ハウス工業カテゴリの最新記事