アサヒグループ6社も「ホワイト物流」に賛同

アサヒグループ6社も「ホワイト物流」に賛同

7月31日に自主行動宣言提出、「地産地消ロジスティクスの実現」など明記へ

アサヒグループホールディングス(GHD)は7月30日、政府が物流事業者や荷主企業と連携してトラックドライバーの就労環境改善などを目指す「ホワイト物流」推進運動にグループ6社で賛同すると発表した。事務局に自主行動宣言を7月31日に提出する。

関連記事:【独自取材】ホワイト物流、物流事業者の選択上位5項目は全て割合拡大

賛同したのはアサヒGHDのほか、傘下のアサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品、アサヒカルピスウェルネス、アサヒロジ。

宣言では6社で具体的に取り組む項目として、モーダルシフトの推進やセンターでのトラック待ち時間短縮、パレットなどの活用を選択。さらにグループ独自の施策として、「地産地消ロジスティクスの実現」で効率的な物流体制の実現や輸送量削減を推進したり、「物流機器・システムの導入」による物流業務省人化や物流負荷低減を図ったり、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などの活用による「間接作業の標準化、自動化、省人化」を進めたりすることを盛り込んでいる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事