富士経済が25年の物流・搬送用ロボット市場を2兆円超と予測

富士経済が25年の物流・搬送用ロボット市場を2兆円超と予測

業務・サービスロボット分野で4割強を占める高い成長性

市場調査など総合マーケティングビジネスを手掛ける富士経済は、7月30日に発表した最新リポート「2019 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望No.2 業務・サービスロボット市場編」で、2025年にAGV(無人搬送車)など物流・搬送用ロボットの世界市場規模は2兆400億円へと飛躍的に拡大すると見通した。

AGVが牽引する物流・搬送用ロボットの市場規模は17年に1000億円を突破し、今後もeコマースの需要増加に伴い成長が期待されると予測。自動運転トラックは技術開発、実証実験を経て21年ごろから市場が立ち上がるほか、パワーアシスト・増幅スーツも採用が広がると見込む。

調査では業務・サービスロボット26品目(医療・介護用、家庭用、建設・レスキュー・インフラ点検用、物流・搬送用、オフィス・店舗用など)、AI・人工知能/RPA6品目、ロボット向け注目構成部材3品目、ロボット関連サービス3品目の世界市場を調査・分析した。

その結果、業務・サービスロボットの世界市場は25年に18年比で2.6倍の4兆5464億円に成長すると試算。このうち4割強を物流・搬送用が占めることを示した。またAI・人工知能/RPA市場は9.6倍の5兆1750億円と予想している。


※クリックで拡大

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事