置き配バッグ「OKIPPA」展開のYper、オートロックマンション向けの実証実験

置き配バッグ「OKIPPA」展開のYper、オートロックマンション向けの実証実験

入り口に認証システム設置、セキュリティー維持狙う

置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を展開しているスタートアップ企業のYper(東京)は8月2日、オートロックマンション向けにOKIPPAを活用する実証実験を行うと発表した。

デジタルガレージが展開している事業を通じ、大手不動産や建設企業など7社と連携、同日にスタートした。オートロックマンションのエントランスに、Yperとライナフ(東京)が共同開発した宅配物の認証システムを設置。認証できた荷物と配達スタッフのみ入館できるようにする。

セキュリティーを維持しながらOKIPPAを利用できる環境を整備するのが狙い。実験には三井不動産や東京建物、野村不動産ホールディングスなどのマンションが参加する予定。


「OKIPPA」の活用イメージ


実験の概要(いずれもYper提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事