【物流で光るCSR】ローソンと三菱食品、店舗納品期限過ぎた食品を「子ども食堂」などに寄贈

【物流で光るCSR】ローソンと三菱食品、店舗納品期限過ぎた食品を「子ども食堂」などに寄贈

物流センターから直接送付、フードバンク経由

ローソンは8月5日、フードロス削減への貢献を目指し、物流センターで店舗への納品期限を迎えた商品などを、フードバンクを通じて全国の「こども食堂」や児童養護施設などに寄贈する取り組みを始めると発表した。

物流センターを運営している三菱食品と連携し、30のフードバンクが加盟している「全国フードバンク推進協議会」に余剰の商品を送る。初回はローソンのPB(プライベートブランド)のお菓子など約2万7000個を、東北から九州のフードバンク24団体に渡す。

ローソンと同協議会が寄贈品に関する合意書を8月1日に結んだ。対象の商品は物流センターから各フードバンクへ直接収める予定。


食品寄贈の流れ(ローソンプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事