ANAHD、アフリカ・ザンビアでドローン物流

ANAHD、アフリカ・ザンビアでドローン物流

エアロセンスや国立国際医療研究センターと連携、血液検体など輸送

ANAホールディングス(HD)は8月29日、ドローン(無人飛行機)を活用した空撮サービスなどを手掛けるエアロセンス(東京)、国立国際医療研究センター(同)と連携し、アフリカのザンビアでドローンによる物流を実施すると発表した。

2020年1月から21年6月までの間、交通機関の整備が進んでいない地域で、病院と農村部のヘルスセンターをドローンが結び、HIV/AIDSの診断・治療に要する検査用血液検体などを輸送する計画。迅速な診断と治療を可能にし、地域の保健医療サービスの水準向上に貢献したい考え。

ANAHDは国際協力機構(JICA)から19年度第1回「中小企業・SDGsビジネス支援事業」(SDGsビジネス支援型)に採択された。


ドローン物流のイメージ(ANAHDプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事