西濃運輸、出荷支援システムに荷物の状況確認機能を追加

西濃運輸、出荷支援システムに荷物の状況確認機能を追加

配送先ごとの個数や運賃の状況確認可能に、営業活動支援

西濃運輸は9月5日、出荷支援システム「カンガルー・マジックⅡ」に、8月から新たに荷物の状況を確認する「出荷動向分析」のサービス機能を無料で追加したと発表した。

同システムを通じて出荷した顧客は、出荷した個数や運賃の状況を配送先ごとに確認可能。最大14カ月前までの出荷データをさかのぼり、出荷量の増減を分析できるようにした。

新サービスを活用することで、営業活動に不可欠なデータの取得を後押しする。


「出荷動向分析」のイメージ(西濃運輸プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

セイノーホールディングスカテゴリの最新記事