サトーHDグループ、物流現場など向けラベルプリンターの新商品を10月1日発売

サトーHDグループ、物流現場など向けラベルプリンターの新商品を10月1日発売

設置面積を既存品から約13%縮小、大型カラー液晶タッチパネルで操作性向上

サトーホールディングス(HD)グループは9月11日、物流現場など向けのコンパクト型ラベルプリンター「SCeaTa(シータ) CT4-LXシリーズ」を10月1日に発売すると発表した。

設置面積を既存品から約13%縮小し、スペースの有効利用を可能にした。4・3インチの大型カラー液晶タッチパネルを搭載し、操作のしやすさに配慮。エラー発生時も、ヘルプ動画を活用して早期に復旧できるよう工夫している。

さらにカバーは大きく開くようにしてラベルやリボンのセットを容易にしたり、ラベルごとの設定情報を登録・保存する「メディアプロファイル機能」や設定変更時にUSBメモリへデータを自動保存する「オートクローン機能」を搭載したりと細かな配慮を施している。

31言語の画面表示対応、47言語の印字に対応するグローバル設計としており、日本国内の多様な人材が働く現場への対応に加え、世界各国に進出している顧客も自由に使えるようにしている。

幅17・8センチメートル、奥行き23・8センチメートル、高さ21・4センチメートル(足含む、突起物は含まず)。オープン価格。


大型液晶タッチパネルが特徴の「SCeaTa(シータ) CT4-LXシリーズ」(サトーホールディングスプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事