凸版印刷と包装材世界大手アムコアグループ、ワインや蒸留酒向けの偽造防止技術で協業

凸版印刷と包装材世界大手アムコアグループ、ワインや蒸留酒向けの偽造防止技術で協業

通信可能なNFCタグなど活用、特製キャップが開封を検知

凸版印刷は9月24日、包装材の世界的企業アムコア傘下で、ワインなどのキャップシール「カプセル」製造大手アムコアカプセルズ(フランス)と、ワインや蒸留酒向けの偽造防止技術に関する協業で合意したと発表した。

両社は凸版印刷の無線通信可能なNFCタグなどの技術と、アムコアカプセルズの包装に関するノウハウを組み合わせ、開封されたことを検知できる機能を備えた特製カプセル「InTact(インタクト)」を開発した。今後、酒類業界に本格提供し、深刻化している偽造被害の防止への貢献を目指す。

カプセルは、破いたり天面に穴を開けたりすると検知、ICチップ内に履歴を残す仕組み。両社はソリューションとして酒類業界以外にも、医療・医薬品や化粧品など高級品にも利用を働き掛けていきたい考えだ。


「InTact」のイメージ

スマートフォンからの情報読み取りのイメージ(いずれも凸版印刷提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事