【動画】ノルウェーのドローンメーカー、重量135キログラムを輸送可能な機体の提供開始

【動画】ノルウェーのドローンメーカー、重量135キログラムを輸送可能な機体の提供開始

日本の規制範囲内、物流への応用に弾み

ノルウェーに本拠を置く産業用大型ドローン(無人飛行機)専門メーカーのグリフ・アビエーションAS(GRIFF Aviation AS)は10月24日、最大で重さが135キログラムの品物を運ぶことが可能なドローン「GRIFF135」の提供を同日始めると発表した。

現時点では日本の安全規制の範囲で飛行が可能という。物流のほか、ダムや送電設備などの工事現場、消防、人命救助、農業への活用が見込まれる。同社はさらに大型の機体をリリースする予定で、詳細は2020年に公開するという。

日本ではドローンフューチャーアビエーションが代理店を務めている。物流への応用に弾みが付くことが期待される。


「GRIFF135」(グリフ・アビエーションAS提供の動画より)


(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事