日立物流とKDDI、「5G」やAI活用し庫内作業の安全管理強と人員最適配置の実証実験

日立物流とKDDI、「5G」やAI活用し庫内作業の安全管理強と人員最適配置の実証実験

人手不足受け物流高度化へ共同検討開始、検品の高速化・省人化なども検証

日立物流とKDDIは10月28日、高速・大容量通信が可能な次世代通信規格「5G」を活用した物流高度化の実現に向け、共同検討を開始したと発表した。

2019年度にスタートした現行の中期経営計画で「スマートロジスティクス新技術開発」を打ち出している日立物流と、5Gを生かした物流領域のソリューション確立を狙うKDDIの思惑が一致した。

両社は深刻な人手不足の現状を踏まえ、物流センターの効率化・省力化へAI(人工知能)を活用した庫内作業スタッフの行動把握と作業の安全管理強化、高精度カメラやウエアラブル端末を使った人員の最適配置などの確立を目指し、日立物流の首都圏エリアの拠点に5G環境を取り入れて実証実験を展開する。

期間は今年11月から20年10月まで。このほか、画像認識とAIの技術などを駆使し、商品やラベルを自動認識して検品作業の高速化・省人化を図る。KDDIのビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を使った基礎技術の実証にも取り組む。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事