【動画】1キロ平方の空域で37機のドローンがぶつからず同時飛行!

【動画】1キロ平方の空域で37機のドローンがぶつからず同時飛行!

NEDOと民間企業などが安全運航管理システムの相互接続試験に成功

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などは10月30日、ドローン(無人飛行機)が同一の空域内で複数飛行しても安全に運航管理できるシステムの相互接続実験を同23~24日にかけ、先端技術実験場「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市、浪江町)で行い、無事成功したと発表した。

同システムの実験に参加したのはNEC、日立製作所、楽天、NTTドコモ、KDDI、日本気象協会、宇宙航空研究開発機構など29事業者・団体。1時間にわたり、同実験場の上空2万7000平方メートル(半径92メートル)で農薬散布や空撮、地形測量、物流、警備、インフラ点検といった21種類のミッションを担ったドローンが同時に最大37機飛行、衝突の回避などを図ることができるかどうかを見極めた。特段トラブルはなかったという。

今回は安全運航管理システム開発に携わっている企業だけでなく、三菱重工業や名古屋鉄道、ANAホールディングスなど一般のドローン事業者12社も実証実験に参加。システムに接続して機体のデータなどを共有した。


実証実験の様子(NEDOなどプレスリリースより引用)

NEDOなどは複数のドローンが衝突せず安心して飛び変える空域を実現することで、ドローン利用をさらに促進するとともに、日本のドローン技術の存在感を高めたい考えだ。

NEDOなどが10月30日、東京都内で開いた記者会見で、NEDOロボット・AI部の宮本和彦プロジェクトマネージャーは、さまざまな事業者が接続するためシステムのセキュリティー確保などが課題になると説明。「より広い空域と、より狭い空域の両方に対応していけるよう引き続き実用化に向け実験を重ねていきたい」と説明した。

実証実験の様子(NEDO提供)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経済産業省カテゴリの最新記事