三菱UFJ銀行、12月20日に東京でグローバル経営支援セミナー開催

三菱UFJ銀行、12月20日に東京でグローバル経営支援セミナー開催

「海外物流リスクと対策」など講演、名古屋や大阪でも別日に実施

三菱UFJ銀行は12月20日の午後1時半から、東京・丸の内の東京海上日動ビル新館15階大会議室で、企業の経営者や経営企画部門の担当者らを対象としたグローバル経営支援セミナーを開催する。

講演1は「企業経営に求められる海外リスク管理と保険」と題し、MSTリスクコンサルティング営業本部リスクソリューション部の大嶋勝久フェローが登壇。

講演2は「海外投資とカントリーリスク」「海外物流リスクと対策」に焦点を当て、前者のテーマは東京海上日動火災保険から海上業務部次長(貨物営業開発グループリーダー)の堀内伸氏、後者は同社コマーシャル損害部国際物流第二グループ課長代理の尾﨑貴太氏がそれぞれ登場する。

講演3は「貿易決済手段の変化とリスクヘッジ手法」について、三菱UFJファクター ファクタリング営業本部の上林貴実国際ファクタリング部長がプレゼンテーションを行う。

講演4は三菱UFJリサーチ&コンサルティング国際アドバイザリー事業部の三浦康弘部長が「海外子会社に対するガバナンス強化~健康診断的な業務監査のお勧め~」について指南する。

定員は100人で参加は無料。当該のウェブサイト上で申し込む(毎月第2土曜日の午後9時から翌朝7時はシステムメンテナンスのため接続できないので要注意)。締め切りは12月11日だが、定員に達し次第、受付を終了する。

問い合わせ先は三菱UFJ銀行国際業務部情報室の司馬、庄子氏(平日午前9時~午後5時、電話03・6259・6695)。

なお、12月18日午後1時半から大阪市の銀行協会別館2階第1研修所で、同19日午後1時半から名古屋市の広小路クロスタワーでそれぞれ同じセミナーを開催する。

(藤原秀行)

セミナーの詳細を掲載した申し込みウェブサイトはコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事