新型コロナウイルス感染症への対応について

SGシステム、複数メーカーのデジタコ対応可能なクラウド型運行管理システムを運用へ

SGシステム、複数メーカーのデジタコ対応可能なクラウド型運行管理システムを運用へ

佐川の営業所で20年1月スタート

SGホールディングス傘下でIT統括事業を手掛けるSGシステムは12月23日、複数メーカーのデジタルタコグラフに対応可能なクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」を佐川急便の営業所に導入、2020年1月に運用を始めると発表した。

互換性のない各社のデジタコを一元的に管理することで、運行管理や安全指導の効率化・強化を図る。

17年から佐川の一部営業所で試験的に導入、検証を進めてきた結果、運行管理者とドライバーがインターネットを介してカメラ画像で点呼ができる「IT点呼」や、デジタコのデータを基に作成した「ヒヤリハットマップ」などの取り組みで成果を挙げられたため、当初は34の営業所で取り扱いをスタートする。

従来は手書きの日報をスマートフォンによる入力に変更し、帰庫時にプリンターから自動出力することで、ドライバーと運行管理者の双方の負荷を軽減するなどの効果もあったという。


「Biz-Fleet」導入のイメージ※クリックで拡大


「IT点呼」の様子(いずれもSGホールディングス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事