新型コロナウイルス感染症への対応について

名大発ベンチャー・TRYETINGと三井物産、AI活用したサプライチェーン最適化の共同実証実験

名大発ベンチャー・TRYETINGと三井物産、AI活用したサプライチェーン最適化の共同実証実験

ビッグデータ活用、需要予測精度向上狙い

名古屋大発のベンチャー企業TRYETING(トライエッティング)は1月8日、三井物産とAI(人工知能)を活用した需要予測に基づくサプライチェーン業務効率化手法の共同実証実験を始めたと発表した。

トライエッティングが手掛けている需要予測のアルゴリズムと三井物産がグループで展開しているサプライチェーン運営のビッグデータを活用。予測の精度をより高めることを目指す。


トライエッティングのロゴマーク(同社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事