メルマガの配信元アドレスが変更となりました

イオンの次世代ネットスーパー大規模施設、千葉市で建設へ

イオンの次世代ネットスーパー大規模施設、千葉市で建設へ

最大3メガワットの太陽光発電設備をPPAモデルで導入

イオンとイオンネクストは4月23日、千葉市緑区誉田町でイオン初の顧客フルフィルメントセンター「誉田CFC」の建設を起工したと発表した。

誉田CFCは、イオンネクストが2023年開業に向け準備している次世代型インターネットスーパーの中心的な施設で、最新のAI(人工知能)とロボットを駆使した最先端の大型自動倉庫。精微な宅配システムと合わせ、幅広い品ぞろえの新鮮な食料品や日用品を、タイムリーに顧客へ届けるサービスを可能とするのが狙い。

また、PPAモデル(※)で設置した最大3メガワットを超える発電能力を持つ太陽光発電システムで生み出した電力を、運営に利用するとともに、大型蓄電池を設置することで再生可能エネルギーを最大限活用。また、イオンとイオンネクストは、汎用的な蓄電池の技術開発を行うため、AIを利用したエネルギーサポートサービス(※2)を併用する実証実験を行う。

イオンは18年3月に「イオン脱炭素ビジョン2050」を策定。50年までに店舗で排出するCO2などを総量でゼロにすることを目指し、今回の取り組みを含めた再生可能エネルギーへの転換、省エネルギーを推進している。また、日本の大手小売企業として初めて、国際社会全体で再生可能エネルギーへの転換を目指す国際イニシアティブ「RE100」に参画している。

※1PPAモデルとは、「PowerPurchaseAgreement(電力販売契約)モデル」の略で、PPA事業者が、電力需要家の敷地や屋根等のスペースを借り太陽光発電システムを設置し、そこで発電した電力を電力需要家に販売する事業モデル。
※2エネルギーサポートサービスとは、建物のエネルギー運用状況を見える化し、省エネルギーの分析や評価等を行うサービス。

(画像はプレスリリースより引用)

誉田CFCの概要

住所 千葉県千葉市緑区誉田町ネクストコア千葉誉田区画内
敷地面積 72,634.04平方メートル
建築面積 33,612.71平方メートル
延べ面積 51,584.20平方メートル
構造 地上3階建て
従業員数 約700名
取り扱い数 約50,000品目
配送エリア 千葉県、東京都(一部エリア)

イオンネクスト準備株式会社概要

社名 イオンネクスト準備株式会社
設立日 2019年12月20日
本社所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5番地
代表取締役 バラット・ルパーニ
事業内容 暮らしの必需品を中心に、オンラインで顧客から注文を受けて宅配するオンライン・スーパーマーケットの運営
出資比率 イオン株式会社100%

太陽光発電を活用する設備概要
(1)太陽光発電設備容量最大出力3,360kW(一般家庭の約1,200軒分相当)
※第一期導入後、段階的に増設予定。現時点の最大計画値。
(2)蓄電池設備容量300kWh

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事