新型コロナウイルス感染症への対応について

オリックス・レンテックとNEC、産業用ロボット導入支援で協業

オリックス・レンテックとNEC、産業用ロボット導入支援で協業

顧客の初期負担軽減、効率的に活用可能な環境を整備

オリックスは1月20日、傘下で産業用ロボットなどのレンタルを手掛けるオリックス・レンテックがNECグループと生産現場へのロボット導入支援で協業すると発表した。

オリックス・レンテックは2016年から次世代ロボットのレンタルサービス「RoboRen(ロボレン)」を展開。一方、NECはグループのNECプラットフォームズが自社工場で蓄積してきたロボット導入の経験を礎として、関連システムの構築や稼働状況の可視化・分析を含めて包括的に顧客を支える「ロボット導入トータルサポートパッケージ」を提供している。

3社が持つリソースやノウハウを組み合わせ、顧客の初期負担を軽減しながら効率的にロボットを使える環境を整備する。既にロボットを取り入れている企業に対しても、より生産性向上と関連コスト抑制につなげられるようバックアップする。


協業の概要(オリックス提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事