マーキュリアと伊藤忠組成の不動産・物流業界向け投資ファンド、最大50億円目標

マーキュリアと伊藤忠組成の不動産・物流業界向け投資ファンド、最大50億円目標

中間クローズ完了、サンケイビルや芙蓉総合リースなど出資

マーキュリアインベストメントは1月31日、伊藤忠商事と共同で組成した不動産・物流業界向け投資ファンド「マーキュリア・ビズテック投資事業有限責任組合(通称・BizTechファンド)」の中間クローズを完了したと発表した。

サンケイビルや芙蓉総合リース、日本土地建物、三井住友信託銀行などが出資した。出資総額は明らかにしていないが、ファンドは今後も不動産・物流業界からを中心に出資を募り、総額で最大50億円のサイズを目指す。

BizTechファンドは組成から4件の投資を実行済み。

(藤原秀行)※写真のロゴはマーキュリアインベストメント提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事