新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】オカムラ、米製ロボットピースピッキングシステムを発売へ

【動画】オカムラ、米製ロボットピースピッキングシステムを発売へ

商品は最大2キログラム、最小1センチメートルから対応可能

オカムラは2月4日、米ライトハンド・ロボティクス製のロボットピースピッキングシステム「RightPick2(ライトピック2)」を2月に日本国内で発売すると発表した。ライトハンドとパートナーシップ契約を締結した。

ライトピック2は既存の物流機器やWMS(庫内管理システム)と連携して商品のピッキングを行うタイプのロボット。機械学習で自律的に商品をピッキングできるため、事前に商品のマスター登録をする必要がなく、自動的にピッキングの精度も高まっていくのがメリット。物流現場などへの普及を目指す。

商品をつかむグリッパーは真空吸着カップと3本の指を組み合わせた独自の形状で、ロボットアームが高速で動いても商品を安定的につかめるほか、柔らかい物や独特の形状をした物もスピーディーかつ丁寧に取り扱える。

ピッキングは最大2キログラム、最小1センチメートルの物から対応可能という。処理速度は最大で1時間当たり1000個と設計している。


「ライトピック2」


グリッパーの構造(いずれもオカムラ提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事