新型コロナウイルス感染症への対応について

楽天、ネット通販でオートロック付きマンション向けに「置き配」の実証実験

楽天、ネット通販でオートロック付きマンション向けに「置き配」の実証実験

東急やYper、ビットキーと連携、“スマート鍵”で安全確保

楽天は2月5日、宅配の荷物を玄関前など指定した場所に届けてもらう「置き配」をオートロック付きマンションで展開する実証実験を同日から2月29日までの間、同社のインターネット通販サイト向け自社配送サービス「Rakuten EXPRESS」で実施すると発表した。

実験は環境省の委託事業として展開しており、東急や置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を手掛けるYper、ビットキーの各社と連携。東急が川崎市で運営しているオートロック付きマンションの住民に楽天が届ける荷物を対象として、受け取る側の希望に応じて、マンションの共用スペースでOKIPPAを利用して置き配を行う。

配送は東急の専門スタッフが担当し、ビットキーが展開している集合玄関のオートロック向けスマートロック「bitlock GATE(ビットロックゲート)」を利用、セキュリティーに配慮する。期間中に荷物を置き配で受け取った住人には楽天のスーパーポイントを200ポイント提供、利用を促進する。


実験の概要(楽天提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事