新型コロナウイルス感染症への対応について

プロドローン、愛知・天白署と災害時ドローン活用で協力の覚書締結

プロドローン、愛知・天白署と災害時ドローン活用で協力の覚書締結

被害者捜索や被災状況把握に活用へ

プロドローンは3月5日、愛知県警天白署と災害発生時のドローン(無人飛行機)を使った被害者捜索や被災状況把握に関する協力の覚書を同日締結したと発表した。愛知県下でドローンメーカーと警察署が協力の覚書を交わすのは初めて。

同社が本社とR&Dセンターを置く名古屋市天白区を同署が所管していることから、プロドローンが同署に協力を申し出た。大規模な災害が起こった場合、同署がプロドローンへ協力を要請する形となる。


覚書調印に際して握手するプロドローンの河野雅一社長(左)と天白署の後藤里志所長(同社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事