新型コロナウイルス感染症への対応について

エフピコ、兵庫・小野に物流施設併設の新工場建設へ

エフピコ、兵庫・小野に物流施設併設の新工場建設へ

再生PET原料を年間2万トン生産、近畿圏への配送効率化も図る

食品トレー最大手のエフピコは3月10日、兵庫県小野市に新たな工場用地を確保したと発表した。

同市内の産業団地で4万8000平方メートルの敷地を18億1500万円で落札した。新工場は再生PET原料や同原料を用いたエコAPET製品の食品トレーなどの生産を手掛ける。物流拠点を併設し、近畿圏への配送時間短縮とコスト抑制、災害発生時の事業継続と安定供給強化を図る計画。

新工場は再生PET原料の年間生産能力を約2万トンと見積もっており、グループ全体では約6万~8万トンに高められる見込み。

(藤原秀行)※写真はエフピコ資料より引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事