新型コロナウイルス感染症への対応について

UPSグループ、独メーカーと次世代ドローンを共同開発へ

UPSグループ、独メーカーと次世代ドローンを共同開発へ

大型荷物配達実現目指す

UPS傘下でドローン(無人飛行機)配達システムの開発・運営を担うUPS Flight Forward(UPSフライトフォワード)は3月24日、ドイツのドローンメーカーWingcopter(ウイングコプター)と次世代の配送用ドローンを共同開発すると発表した。

ウイングコプターが既に手掛けている垂直離発着が可能な高性能ドローンを活用。最高時速240キロメートル、航続距離は120キロメートルの機能を備えており、強風や悪天候下でも自律飛行が可能。両社の技術とノウハウを組み合わせ、より大型の荷物を運べる次世代の機種開発につなげていく考えだ。

ウイングコプターの高性能ドローンは医薬品などを配送した実績を持つ。UPSフライトフォワードは2019年設立され、米連邦航空局(FAA)に商用目的のドローン飛行に関する認可を申請した。


ウイングコプター製のドローン(UPS提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事