新型コロナウイルス感染症への対応について

鹿児島の大東海運産業、特別清算開始を決定

鹿児島の大東海運産業、特別清算開始を決定

東商リサーチ発表、負債64億円

東京商工リサーチが5月20日発表したところによると、船主業の大東海運産業(鹿児島市)が5月1日、鹿児島地裁から特別清算開始の決定を受けた。負債総額は2019年5月期決算時点で約64億円という。

海運会社向け傭船や台湾からの鋼材輸送を展開してきたが、海運市況の悪化や燃料費高騰などが経営を圧迫。近年は事業譲渡や資産売却を進めていたが抜本的な収益改善には至らず、19年5月期に約57億円の債務超過に陥り、同12月の株主総会で解散を決議していた。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事