新型コロナウイルス感染症への対応について

日本通運英国法人、自社倉庫内で医薬品の適正流通基準とGDP認証を取得

日本通運英国法人、自社倉庫内で医薬品の適正流通基準とGDP認証を取得

新たに3温度帯の空調施設導入

日本通運は5月21日、英国の現地法人がロンドンのヒースロー空港近郊に構えている自社倉庫で、医薬品の適切な流通に関する英医薬品庁(MHRA)の基準WDAと国際基準GDPの認証をそれぞれ取得したと発表した。発効日は4月15日。

自社倉庫内には冷凍(マイナス18度)、冷蔵(2~8度)、定温(15~25度)の3温度帯管理機能を持つ空調施設を新たに導入。認証取得を全面にアピールし、英国に集積している世界各国の製薬企業などの物流ニーズを獲得していきたい考え。


温度管理倉庫室内


英国現地法人の外観(いずれも日本通運プレスリリースより引用)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事