新型コロナウイルス感染症への対応について

ローソン、コンビニで「無印良品」500品目を実験販売

ローソン、コンビニで「無印良品」500品目を実験販売

都内3店舗、商品の共同開発も視野

良品計画は6月17日、「無印良品」ブランドの生活雑貨を同日以降、ローソンで実験販売すると発表した。

対象は東京都内の直営3店舗で、専用の棚を設けて肌着や靴下、化粧水、文具、レトルトカレーなど約500品目を順次取り扱う。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、生活圏内になるコンビニで生活必需品を購入する動きが広がっていることなどから、両社が連携して販売拡大を図る。今後は両社で商品を共同開発することなども視野に入れている。

良品計画はかつて同じ旧セゾングループに属していたファミリーマートの店舗に無印良品の商品を供給していたが、売り上げが落ちてきたことなどから2019年1月末で販売を終了していた。根強い人気がある無印良品ブランドの商品を加えて店舗の品ぞろえを拡充したいローソンと、新たな販路を開拓したい良品計画の思惑が一致した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事