新型コロナウイルス感染症への対応について

チトセロボティクス、「時給980円」のロボット導入サブスクリプションサービスを7月1日開始へ

チトセロボティクス、「時給980円」のロボット導入サブスクリプションサービスを7月1日開始へ

物流業界向け仕分け業務支援なども想定

ロボット制御技術開発を手掛けるスタートアップ企業のチトセロボティクス(東京・東上野)は6月23日、製造現場など向けに、ロボットを必要な時に必要な分だけ利用できるサブスクリプションサービス「Chitose Robot Services(チトセロボットサービシーズ)」を7月1日に始めると発表した。

リースやレンタルの形式でロボットを提供し、メンテナンスなども含めた毎月の定額形式で円滑に使えるようにする。自社開発の高性能な制御技術「ALGoZa(アルゴザ)」を駆使することで、現場のレイアウトや取り扱う商品が変更してもプログラムを再開発することなく迅速にロボットの動作を修正できる。

ロボットの稼働状況を解析、動作のスピードや認識精度を高めるソフトウエアの自動アップデート機能も無料で提供する。

同社は「制御ソフトウエアのライセンスやメンテナンス、消耗品の補充、故障時の対応、各種保険の費用を全て含んだ内容で、稼働時間1時間当たり980円で提供する」と説明。飲食店厨房での食器洗浄などの作業を念頭に置いている。

同社は物流業界向けにもロボットを納入した実績があり、今回のサブスクリプションサービスでも物流施設内の商品仕分けなどの業務に対応したロボットの労働力提供を予定している。


サブスクリプションサービスの概要※クリックで拡大


厨房での食器洗浄作業支援のイメージ(いずれもチトセロボティクス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事