新型コロナウイルス感染症への対応について

THK、リフター付き自律搬送ロボットの受注開始

THK、リフター付き自律搬送ロボットの受注開始

JR東が山手線・高輪ゲートウェイ駅で飲み物運ぶ実証実験へ

THKは7月7日、独自開発した自律搬送ロボット「Lifter付きSEED-Mover(シードムーバー)」の受注を開始したと発表した。

シードムーバーは自律型の走行台車と昇降するリフターで構成。全方向への移動と360度旋回が可能で、リフターが搬送物を載せて昇降したり、前後に引き出したりする動作が可能。

JR東日本は7月、シードムーバーを使い、山手線の高輪ゲートウェイ駅構内で実証実験を始める予定。飲み物を指定の場所まで運び、受け取る人が手に取りやすい位置に合わせてリフターを昇降させるという。

新型コロナウイルスの感染拡大で、非接触型のサービスのニーズが高まっているため、THKはシードムーバーを配膳などに使えると見込む。


「Lifter付きSEED-Mover」(THK提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事