新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】物流関連企業の主なコロナ感染発表(8月13日昼時点)

【新型ウイルス】物流関連企業の主なコロナ感染発表(8月13日昼時点)

メディセオの庫内業務担当、東海運はタグボート乗組員

8月13日昼までに発表があった物流関連企業の主な新型コロナウイルスの感染事例の概要は以下の通り(情報は発表時点のもののため、その後状況が変化している可能性があります)。

・メディパルホールディングス(8月11日発表)
傘下のメディセオで、大阪府内で庫内業務に当たる従業員1人が、家族を介して新型コロナウイルスに感染したことが判明。濃厚接触者に当たる得意先や従業員はいないという。

・東海運(8月13日発表)
横浜港在港の曳船(タグボート)乗組員の20代男性1人が感染。現在は自宅療養中だが容体は安定しているという。当該タグボートの運航は8月12日から休止。他の乗組員らにPCR検査を実施。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事