新型コロナウイルス感染症への対応について

自律制御システム研究所とACCESS、物流など向けドローン用ソフト開発・販売で提携

自律制御システム研究所とACCESS、物流など向けドローン用ソフト開発・販売で提携

高付加価値の製品提供、産業利用促進図る

ドローン(無人飛行機)の開発・製造を手掛ける自律制御システム研究所(ACSL)とソフトウエア開発のACCESSは8月17日、物流やインフラ点検、防災の領域向けの高機能セキュリティーに対応した産業用ドローンのソフトウエア開発・販売で業務提携すると発表した。

既存のものとは一線を画した付加価値の高いソフトウエアを提供することで、ドローンをより活用しやすくし、3領域でのドローン活用を促進するのが狙い。

両社は「世界レベルの産業用ドローンの創出と発展に貢献していく」と話している。


提携のイメージ(両社提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事