新型コロナウイルス感染症への対応について

セイノーなど出資の物流周辺領域スタートアップ企業対象ファンド、70億円調達し運用開始

セイノーなど出資の物流周辺領域スタートアップ企業対象ファンド、70億円調達し運用開始

大垣共立と十六の岐阜地銀2行も、ビットキーとミナカラに初投資

セイノーホールディングスは8月24日、同社やベンチャーキャピタルのスパイラル・キャピタル(東京都港区虎ノ門)などが参加している物流周辺領域のスタートアップ企業を対象としたファンド「Logistics Innovation Fund(ロジスティクス・イノベーション・ファンド)」が70億円を調達、運用を本格的に開始したと発表した。

岐阜を本拠とする大垣共立、十六の地銀2行も新たに計15億円を出資した。

同ファンドは初の投資先として、暗号技術などを駆使したセキュリティーレベルの高い鍵システムを手掛けるビットキー(東京都中央区京橋)、オンライン薬局や服薬指導、処方薬配送などを展開するミナカラ(東京都千代田区内神田)の2社を公表。投資額には言及していない。また、もう1社は今後投資を実行する予定のため詳細を開示していない。

同ファンドは主要な投資テーマを①物流周辺領域における新たなプラットフォーム(投資先例:投資実行予定の為非公開)②既存物流業務のプロセス改善③物流オペレーション領域の拡大――に設定。ビットキーは②、ミナカラは③に該当すると説明している。

同ファンドの投資ステージはアーリー(創業期)とミドル・レイター(事業が軌道に乗り始めた時期)のスタートアップ企業が対象で、1件当たりの平均投資金額はアーリーで1・5億円、ミドル・レイターで2・5億円を目安としている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事