新型コロナウイルス感染症への対応について

GLP、日本最大のオープンエンド型私募物流ファンドを設立

GLP、日本最大のオープンエンド型私募物流ファンドを設立

2800億円、関東・関西の先進物流施設11件をポートフォリオに組み込み

※ファンドを組成したのは日本GLPではなく、GLP本体でした。関係者各位に深くおわび申し上げます

GLPは8月25日、物流施設を投資対象とする日本最大規模のオープンエンド型私募ファンド「GLP Japan Income Fund(JIF)」を設立したと発表した。

運用資産の規模は2800億円。関東と関西の先進的機能を有する物流施設11件をポートフォリオに組み込んでいる。

JIFへ資金を拠出しているのは年金基金、保険会社などの金融機関、政府系ファンドを含んでおり、中長期で投資をする機関投資家らがメーンとなっている。GLPは大多数が初めてGLPに投資すると説明している。

11件は全て満床で稼働中。このうち6件はLEED 認証(プラチナおよびゴールド)を取得している。

日本GLPの帖佐義之社長は「JIF 設立は弊社のビジネスにとって重要なマイルストーンであり、アセットマネージャーおよびデベロッパーとしての GLP の強みと実績に裏打ちされたもの。お客さまからのニーズは引き続き旺盛で、日本の物流不動産業界のイノベーションを推進する象徴的な開発を行っていくことで、今後も業界を牽引するような施設づくりを継続する」とコメントしている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事