新型コロナウイルス感染症への対応について

フレームワークスとMUJINが倉庫自動化ソリューションで業務提携

フレームワークスとMUJINが倉庫自動化ソリューションで業務提携

積み付けロボットとAGVの組み合わせに倉庫制御システムをOEM供給

大和ハウス工業傘下で情報システム開発などを手掛けるフレームワークスとMUJINは8月28日、産業用ロボットを活用した倉庫自動化ソリューションの協業に関する業務提携契約を締結したと発表した。

MUJINが企画・販売している、小売業向けの知能パレタイズ(積み付け)ロボットとAGV(無人搬送機)をパッケージとして組み合わせた自動化ソリューションのWCS(倉庫制御システム)を、フレームワークスがOEM(相手先ブランド)供給する。

フレームワークスWCSは自動化設備導入時の流れをシンプルに構築できる上に、設備の追加導入やロボット・ライン数の変更、業務プロセスの変更も容易に実現できるのが特徴という。


MUJINの知能パレタイズロボットとAGVを組み合わせた自動化ソリューションパッケージのイメージ(同社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事