新型コロナウイルス感染症への対応について

日野自とKDDI、ナビタイムジャパンのトラック専用カーナビアプリをスマホ端末代金や通信料込みで提供開始

日野自とKDDI、ナビタイムジャパンのトラック専用カーナビアプリをスマホ端末代金や通信料込みで提供開始

車高や車幅など考慮の経路を案内、導入容易に

日野自動車とKDDIは9月16日、トラック専用のカーナビゲーションアプリ「トラックカーナビ」をスマートフォンの端末代金と通信料込みで利用できるサービス「スペシャルナビパック」の提供を開始したと発表した。全国の日野自動車販売会社を通じて順次販売する。

同アプリはナビタイムジャパンが運営しており、両社とトヨタ自動車が協力してスペシャルナビパックを開発、トラックドライバーがより利用しやすくしている。

同アプリは登録した車両の車高や車幅などを考慮した経路を計算。複数の配送先を回る際の最適な順番を提案する巡回経路検索や、トラックが停められる施設の検索、航空写真表示や見やすい交通情報などの機能も有している。


スペシャルナビパックのイメージ(日野自動車、KDDI提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事