LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

トヨタと東京海上日動火災、高度な自動運転実現へ業務提携

トヨタと東京海上日動火災、高度な自動運転実現へ業務提携

交通事故のビッグデータ分析しシステム安全性向上図る

 トヨタ自動車は10月30日、高度な自動運転の実現に向け、東京海上日動火災保険、トヨタ傘下で自動運転技術のソフトウエア先行開発を手掛けるトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)の両社と業務提携することで合意したと発表した。

 東京海上日動が損害保険会社として蓄積してきた交通事故に関する膨大なビッグデータとノウハウを活用し、トヨタとTRI-ADが自動運転のシミュレーション環境で事故状況を再現。自動運転システムの安全性向上を図る。

 一方、東京海上日動は自動運転の車両から得られる各種データを基に、損害保険金を迅速に支払うための仕組み構築などを検討する。

 ビッグデータの分析などに際しては、東証マザーズ上場で各種データ分析事業を展開しているALBERT(アルベルト)が技術支援する。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事