新型コロナウイルス感染症への対応について

OKI、DHLサプライチェーンへの物流業務委託を正式発表

OKI、DHLサプライチェーンへの物流業務委託を正式発表

5年間、子会社の一部機能を継承

OKIは10月1日、DHLサプライチェーンと日本国内の物流業務を包括的に委託するLLP(リード・ロジスティクス・パートナー)契約を締結したと正式発表した。精密機器などの物流に強みを持つDHLサプライチェーンの力を借りて、物流品質を高めたい考え。

期間は5年間で、OKI子会社のOKIプロサーブ(OPS)のロジスティクス部門とOKIプロアシスト(OPA)の物流機能の一部を同日付でDHLサプライチェーンが継承する。

本契約提携に伴い、DHLサプライチェーンがLLPパートナーとして全国52カ所のOKIグループ物流拠点で入荷や保管、出荷、付加価値サービス、輸配送管理サービスを担当する。OPSのロジスティクス部門とOPAのロジスティクスに関係する一部従業員約140人はDHLサプライチェーンへ移籍する。


調印式の記念撮影に応じるOKIの冨澤博志執行役員コーポレート本部副本部長(左)とDHLサプライチェーンの藤岡康郎取締役副社長(DHLサプライチェーン提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事