メルマガの配信元アドレスが変更となりました

豊田自動織機、車両・機器を統合制御するシステム開発会社設立

豊田自動織機、車両・機器を統合制御するシステム開発会社設立

グループ各社に世界共通のソリューション提供

豊田自動織機は4月20日、自動運転フォークリフト(AGF)や無人搬送ロボット(AGV)、自律移動搬送ロボット(AMR)などの自動物流車両・機器を統合制御するシステムの開発を担う新会社「T-Hive. B. V.(ティーハイブ)」をオランダに設立したと発表した。

新会社は、豊田自動織機グループ各社が蓄積してきたソフトウエア製品の技術やノウハウを基に、グローバルで汎用性の高い統合制御システムの新規開発を目指す。物流ソリューション事業におけるソフトウエア開発の中心的役割を担い、グループ各社に世界共通のソリューションを提供する計画。

近年、eコマース市場の伸長による荷量の急増や荷物の小口化、労働者不足などの影響で物流現場の自動化が進展する中、空港、港湾、倉庫、工場など世界中のあらゆる物流現場で自動物流車両・機器の需要が急速に拡大。業種や作業に応じた多様かつ多台数の車両・機器を効率良く運用するためには、荷量や入出庫スピードの増減に合わせ、各車両・機器の位置情報、移動、作業速度などを考慮したタスクの割り付け、最適ルート生成などが必要となっているため、新会社は数十~数百台規模で制御可能なシステムの開発を目指す。

従来、豊田自動織機グループは地域・顧客ごとに各社が制御システムを開発してきた。今後は各社が蓄積してきた現場オペレーションのノウハウや制御ソフトウエアを新会社に持ち寄り、多様なオペレーション・車両タイプにグローバルで適応することを狙う、汎用性が高く、高効率なシステムを開発するのに加え、新会社を核としたグローバル開発体制の構築により、開発人材の不足にも対応していく方針。

新会社の概要

1. 社名 T-Hive B.V. (ティーハイブ)
2. 設立 2021年4月1日
3. 本社所在地 オランダ ヘルダーラント州 エーデ
4. 資本金 5百万ユーロ
5. 代表者 Leon Jansen
6. 事業内容 1)物流自動化ソリューションの企画
2)自動物流車両・機器の統合制御システム開発と販売


北米向け新型自動物流車両

欧州小売大手に導入済み自動物流車両

海上コンテナ搬送用の自動物流車両
(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

経営/業界動向カテゴリの最新記事