新型コロナウイルス感染症への対応について

マーキュリアと伊藤忠組成の不動産・物流業界向け投資ファンド、新たに日鉄興和不動産が5億円出資

マーキュリアと伊藤忠組成の不動産・物流業界向け投資ファンド、新たに日鉄興和不動産が5億円出資

スタートアップ企業と協業で新規事業開発促進など視野

日鉄興和不動産は10月2日、マーキュリアインベストメントと伊藤忠商事が共同で組成した不動産・物流業界向け投資ファンド「マーキュリア・ビズテック投資事業有限責任組合(通称・BizTechファンド)」に5億円を出資したと発表した。

日鉄興和不動産は「当社はBizTechファンドへの出資を通じ、ファンドの投資先となる不動産テック、物流テックを中心としたスタートアップ企業との協業による中長期的な新規事業開発の促進および新たな収益源創出を図る」と狙いを説明している。

マーキュリアインベストメントは日本政策投資銀行や伊藤忠商事、三井住友信託銀行が主要株主を務めている。同ファンドには既にサンケイビル、芙蓉総合リース、日本土地建物、三井住友信託銀行などが投資済み。デジタル化の遅れが課題となっている不動産、物流の両業界を変革しようと先進技術活用に取り組むスタートアップ企業などをサポートすることに主眼を置いている。

(藤原秀行)※同ファンドのロゴは日鉄興和不動産提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事